ドラム基礎練習に、練習用パッドを使う3つのメリット

ドラム初心者向け

パッドって使う意味あるの?
どんな時に使うの?
どんなパッドを買えばいいの?

上記のような方のために、パッドを使うメリットや、こんな効果があるよ!というのをお伝えしたいと思います。

練習用パッドとは?

基礎練習などで使う練習台のことです。主にスティックコントロールの練習に使われます。

練習用パッドのおすすめは?

ドラムヘッドが張ってあるもの、メッシュタイプなど色々種類はありますが、ラバー製のパッドがおすすめです。いぐちドラムレッスンでは、YAMAHAのトレーニングパッドを使っています。音の粒立ちが分かりやすく、スタンド型で高さの調節ができます。

私が今まで使ったパッドは壊れてしまうものもありましたが、こちらは丈夫で安定感があるのでおすすめです。

練習用パッドを使う3つのメリット

1、手の練習に集中できる

ドラム・セットでの練習をしているとフレーズを叩くことに気を取られがちですが、練習用パッドだと手だけに集中できます。

練習用パッドでストロークや基礎技術を練習し、ドラム・セットや電子ドラムでフレーズやフットワークの練習をすると効率がよくなります。

2、ストロークの精度が上がる

基礎技術(ルーディメンツ)の練習は、正確なスティック・コントロールを身に付けたり、右手と左手のバランスを良くするために行います。

練習用パッドではスティックが強く跳ね返るため、それをコントロールする練習をすることにより洗練された演奏をすることが可能となります。

3、手軽に自宅で練習出来る

家にドラムがある人は少ないでしょうし、頻繁にスタジオを借りる時間がない方もいるかと思います。ラバー製の練習用パッドは音量を気にする必要がないので自宅でも叩けます。値段も手ごろでコンパクトなものが多いです。

ラバー製でも音の振動が気になる方は、メッシュタイプや膝に取り付けるタイプが良いと思います。

練習用パッドのほかに揃えるもの

1、練習用スティック

ドラム・セットで使うものより太いスティックを使います。主にマーチングバンドや、ドラム・コーで使われています。

一つ一つの動作を確実にコントロールする癖をつけるためと、腕を鍛えるために使います。力まずに叩くというのが大切だと言いましたが、スティックを握って持続的に動かす、ドラムを叩くための筋力はあったほうがいいです。ムキムキに鍛えるということではなく、叩き続けられる力をつけるということです。KMK 練習用スティックKK-AAなどがおすすめです。

2、メトロノーム

正確なリズムを叩くにはメトロノームを使った練習が必要です。
8分、16分音符などで細かく鳴らして、しっかりリズムが合っているか。詰まったり前のめりになっていないか。などを確認しながら練習します。漠然と合わせるのではなく、自分がどこが違うのかを自覚する為の基準としてメトロノームを使うと良いです。

初心者の方はまずシングル・ストロークから練習すると良いと思います。

動画も作りましたので参考にしてみてください。

【ドラム】自宅練習に役立つアイテム4選
タイトルとURLをコピーしました